ピトロクリの谷は秋の真下にある。十月の日が、眼に入る野と林を温かい色に染めた中に、人が寝たり起きたりしている。

2023.02.21

ピトロクリの谷は秋の真下にある。十月の日が、眼に入る野と林を温かい色に染めた中に、人が寝たり起きたりしている。
十月の日は静かな谷の空気を包んで、じかには地にも落ちて来ぬ。と言って、山向こうへ逃げても行かぬ。
風のない村の上にいつでも落ち着いて、凝と動かずに霞んでいる。その間に野と林の色が次第に変わって来る。
酸いものがいつの間にか甘くなる様に、谷全体に時代が附く。ピトロクリの谷は、此の時百年の昔し、二百年の昔しにかへって、安々と寂びて仕舞ふ。
〜「現代日本文学全集第19編 夏目漱石」より「昔」〜

本日2月21日は「漱石の日」です。
1911年、文部省が夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたのに対し、漱石は「自分には肩書きは必要ない」として辞退したことに由来します。

1902年の秋、ロンドンに留学していた漱石はスコットランドのピトロッホリーという小さな村に10日間滞在しました。100年以上前の村の様子が、先の短編小説に書き残されています。

この小さな村に現存するウイスキー蒸留所は、エドラダワー蒸留所とブレアアソール蒸留所の2つ。

エドラダワーはシェリー系モルトとして人気で、バレッヒェンというヘビリーピーテッドタイプもリリースしています。現在のオーナーはシグナトリーヴィンテージ社、膨大なストックを持ち、全ての瓶詰めはエドラダワーで行われています。

ブレアアソールはそのほとんどがベルなどのブレンデッド用となり、シングルモルトとしてはUD社の花と動物シリーズ12年、その他ボトラーズからのリリースとなります。

この機に漱石やエドラダワー、ブレアアソールを手にとってみてはいかがでしょうか。
それでは本日もお待ちしております。

お問い合わせ
ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

ネット予約は24時間受付
ネット予約はこちら
TOKYO Whisky Library

TOKYO Whisky Library

住所

東京都港区南青山5-5-24 南青山サンタキアラ教会 2F

アクセス

東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B3より徒歩1分

・1-minute walk from Tokyo Metro Ginza Line / Hanzomon Line / Chiyoda Line Omotesando Station Exit B3

電話番号

050-5385-3384

営業時間

▼平日
ランチタイム  12:00~15:00(L.O14:00)
ディナータイム 17:30~23:00(L.O22:30)

▼土日祝日
ランチタイム  12:00~15:00(L.O14:00)
ディナータイム 15:00~23:00(L.O22:30)
【土日祝日は通し営業となります】

定休日

無休(年末年始を除く)

決済方法

現金: 可 

クレジットカード : VISA  マスター  アメックス  DINERS  JCB 

備考

※個室御利用はミニマムチャージ50,000円となります(料飲代金含む サービス料10%・税金は別途となります。)
※終日未成年のお客様はご入店不可となります。御了承下さい。
※貸切等で御利用できないお日にち、お時間などがございます。直接店舗まで御問い合わせ下さいませ。